事業計画書について

事業計画書の作り方を紹介します。
事業計画書は、自分の思い描く計画やアイデア、夢などを、書面にすることで、目に見えるものとなります。
目に見えるものにすることで、あなたの事業を客観的に見ることができるようになります。
そして、その計画やアイデアを実現するにはどうすればよいのか、何をしたら良いのかがはっきりとわかるようになるといったメリットがあります。
ですから、あなたの計画やアイデアや夢などを「事業計画書」というものに是非まとめてみましょう。

現在会社を起業している方ならすでに事業計画書を一度は作成したことがあるかもしれません。
どうして事業計画書を作成するのでしょうか。
目的としては、その事業が本当に利益を生む事業なのかどうか目で見て確かめるためであったり、誰かにそのアイデアを説明する際にも役に立ちます。
また、事業融資を受ける際には事業計画書は必要になります。
実際の利益と事業計画書とを比較して実際どのような結果がでたのかを把握することができます。

また、事業計画書を作成することで、目標を達成するために社員とのコミュニケーションが生まれるますし、目標を達成したかどうかを書面で社員に明確になり、社員のモチベーションアップにも繋がります。

ですから、思い描いているアイデアや計画などは、頭の中だけで思い描いているだけではいけません。
必ず書面にして計画を立てて明確にしましょう。

事業計画書を代行して書いてくれるところもありますが、自分で作成するほうが目的などをはっきりさせるためにも良いのではないでしょうか。

事業計画書とは?

会社を起業しようとしている方、またすでに経営者の方は事業計画書を作ったことがあるかもしれません。
さて、事業計画書を作成する目的や意味は何でしょうか。

ま事業計画書の目的は
●その事業は、利益を生むじぎょうなのかどうか
●協力していただく方への事業の説明をする目的
●融資をとりつけるため
●実際の利益と事業計画書とを比べるため
このような目的があると思います。

また事業計画書を作成するとどんな効果があるのでしょうか。
●目標を達成するための社員とのコミュニケーションがうまれる。
●目標を達成したときに書面で見ると明確にに出来る効果
があります。

ですから、起業をお考えの際には、事業計画書が必要になります。
起業でまず第一に必要なのは、目標管理です。
的確な段取りがあってこそ、起業がスムーズに行えるのです。
目標や計画がないと、どこに進んでいいのかわからず、スムーズに事業がスタートできません。

まず、計画をたて、それを実行します。そして事業計画書と照らし合わせ、評価して、見直していく作業が必要です。
その繰り返しが会社を経営していくというものです。

頭の中だけで描いていてもダメ。
書面にして、計画を立てていきましょう。

会社設立するときは、様々な相手(例えば、融資を受ける相手や事業のパートナー)に対して、事業内容をきちんと説明すると同時に、理解と協力をしてもらう必要があります。自分の中で事業計画が固まったら、自分自身の力で書きましょう。代行してくれるところもありますが、自分でかくことで、見落としていたことや注意することが新たに見えることもあります。